レーザー脱毛のムダ毛処理

レーザー脱毛のムダ毛処理で綺麗なお肌を手に入れる

医師のいる医療機関でしか施術を受ける事ができないレーザー脱毛はその手軽さと永久的とも言われる高い効果でとても人気の高いムダ毛処理の治療方法になりました。レーザー脱毛は既に日本国内でも非常に多くの実績があるムダ毛処理の方法なので、安全性や確実性はほぼ確立された感があります。

 

最近ではではより痛みを少なく脱毛できる取組みや技術もみられます。

 

レーザー脱毛の特徴

黒色や茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することで、毛や毛根、周辺組織にダメージを与え、脱毛するというのが特徴になっています。この仕組みを使い、毛のライフサイクルのうち、成長期に照射した分のみが永久的に脱毛されるといわれています。

 

この脱毛方法の仕組みとして、毛根に対して十分な熱量が与えられるのが、成長期に限られるからという理由があげられます。実際に表層に出ている毛は15〜20%程度であり、1回の処置ではこの15〜20%にレーザーを照射することになるので、脱毛効果はほとんど体感できません。

 

個人差があるのですが、3回目くらいからは、目に見えて毛が少なくなってきたことを実感できるようになってきます。

 

レーザーの照射回数と照射周期

毛周期にもよりますが、適切な熱量・間隔で照射した場合、3回の照射で50%程度、5回の照射で70%程度、10回の照射で90%程度を脱毛できる理論になります。数学的なお話になりますが、一回ごとに、80%程度が脱毛できると想定して照射していった場合、100% → 80% → 64% → 51% → 41% → 33% → 26% → 21% → 17% → 13% → 11%といった感じになりますよね。

 

昔、数列とかいっていろいろな数列がある事を習った事がある人もいるかと思います。何の役にも立ちませんけど、こういった1回で80%ずつムダ毛を減らせると仮定した場合、ほんの数回では無毛状態にならないことはわかるかなといった説明には使えますね。

 

この事からわかるように、個人差は結構あるものなんですが、数回のレーザー照射では全くの無毛状態にはならず、産毛は残ることになるのがわかると思います。見た目を完全にに無毛に近い状態にしようと思えば、15回以上の照射が必要になります。

 

そしてこのレーザーをあてる周期ですが、毛周期のサイクルの下で脱毛する必要があるのと、お肌の回復を待つ必要があるため、身体の場合には目安として2?3ヶ月ごとになりますが、これは医療機関と相談して指示にしたがってください。

 

レーザー脱毛の注意点

この脱毛方法の特徴として、レーザーは黒いものに対して熱を発生する特徴があため、毛根の部分が黒くない毛、特に産毛には効果があまり期待ができません。そしてこの特徴があるため、日焼けしたお肌には熱傷の危険が伴うため、施術が出来ない可能性があります。

 

稀にですが、レーザー脱毛をすることで毛根組織刺激され、部分的に「太くなった毛」が生えてくる場合があるようです。その場合にも、レーザー脱毛を繰り返すことで、しだいに細い毛が揃うようになります。ただこれも個人差によって左右されるため一概には言えません。

 

 

レーザー脱毛は医療機関で行うため、あまりにもしつこい勧誘などはない傾向がありますが、脱毛にかかる料金は保険が効かないのでそれなりのお値段になります。

 

効果の個人差やきちんと説明のある医療機関を選ばないと、思ったような効果が出なかったときに納得いかない思いをすることになります。


 



中央クリニックでは、脱毛(永久脱毛、全身脱毛、お顔の脱毛)にもっとも有効な医療レーザー脱毛機器、米国サイノシュアー社製のアレキサンドライトレーザーエリートを使用しています。この機械は医療機関のみ使用を認められているレーザー装置でありエステでは輸入の許可が得られない医療機器です。 さらに冷却装置を完備しており、レーザー照射による痛み・熱損傷を最大限に抑える事が出来ます。



ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力ここに説明文を入力


 
綺麗を目指す方法 ボディケア コスメ 性格美人 美容アイテム 美容サプリメント