女性の悩みムダ毛処理で綺麗なお肌を手に入れる

気になるムダ毛処理と色々な脱毛の方法

思春期から悩みはじめるムダ毛の処理には本当に困っている人が多いと思います。生まれつき毛が薄い体質でほとんど処理せずにすむようであればいいんですけど、人間に毛は生えてくるものですから、どうしても処理が必要になります。

 

女性としてはスベスベの肌が理想なので毛深いとコンプレックスを感じてしまう人が多いです。

 

毛の役割

ムダ毛として嫌がられる毛についてですが、髪の毛と必要な量のアンダーヘアだけは大切ですよね。元々の毛の役割としては身体の大切な部分を守るといった役割や、体の体温を保持する役割であったり、肌を紫外線から守るといった役割がありました。

 

でも現代人は保温は衣服や暖房機器でまかなえますし、外敵もいなくなって、紫外線対策も別途できますし、見た目を重視しても大丈夫な環境が出来上がりました。

 

自己処理

古典的な方法として抜く、剃るといった方法があります。自分でお金が稼げない中学生やバイトが禁止されている高校生はムダ毛を抜くか剃るしかできないわけですが、お金が稼げるようになれば色々と脱毛方法をためせますし、脱毛方法によってはわずらわしい手間も無くす事が可能になります。

 

毛抜きで一本一本抜くのはとても時間がかかり、痛い上に毛が生えてくるたびに何度でもムダ毛を抜かないといけません。毛深い体質だと「埋没毛」が発生して肌が傷つくことにもなりかねません。

 

カミソリやシェーバーはお手入れをしっかりしないと肌荒れになって、ヒリヒリとした痛みを感じてしまう人もいます。特に毛深くてお肌が敏感だと、とってもつらいですよね。

 

親がお金に余裕があれば、一緒にエステや美容整形外科に連れて行ってもらえることもできますし、毛質によっては親が使っている脱毛機器で処理しても充分効果が出る事もあります。

 

処理方法

自己処理で抜いたり剃ったりする他にも無駄毛処理の方法はあります。

 

脱毛機器

家庭でムダ毛処理ができる脱毛機器も販売されています。ただし安全性の問題などから脱毛機器の出力が抑えられる必要があるため、毛深い人や体質によっては効果が見込めない場合もあります。

 

脱毛ワックスと脱毛テープ

エステサロンや家庭用で脱毛ワックスや脱毛テープなどを一気にはがして脱毛する方法で、比較的に安価でムダ毛処理ができる方法です。

 

永久脱毛

美容皮膚科や美容外科などの医療機関はレーザー脱毛機器でムダ毛処理できるようになっています。美容エステサロンも光脱毛といった脱毛が可能です。

 

永久脱毛

 

永久脱毛は医療機関でしか認められていない医療行為になっています。それに伴って美容整形外科やエステサロンでの脱毛機器の出力や呼び方なども変わってくるのです。医療とはいっても保険は効かないんですけどね。多毛症と認定されれば保険が効く事もあるようです。


 

レーザー脱毛

これは皮膚の表面にレーザーを照射して、毛母細胞、毛乳頭を破壊してしまう方法です。レーザーは医療機関でしか扱えないため、医師に施術をしてもらえるという安心感があります。ですので美容整形外科でもレーザー脱毛が可能になります。

 

針脱毛(ニードル脱毛)

ニードル(針)脱毛とは、毛穴に針を刺して弱電流を流すことで、毛乳頭を破壊する脱毛法です。昔はこの手法が一番主流でした。ただし施術中の痛みの他にも1本1本処理をするため時間がかかるデメリットがあるため、現在では下火になっています。永久脱毛の効果としては高いです。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)

カメラのストロボのような光をあてて、毛母細胞、毛乳頭を破壊する方法はレーザー脱毛と類似しているのですが、脱毛機器の出力の差がレーザー脱毛と光脱毛の違いになります。エステサロンでの脱毛はこの光脱毛になります。

 

 

レーザー脱毛と光脱毛では、料金的にレーザー脱毛がかなり効果になります。ただし通う回数や効果を考えるとレーザー脱毛に軍配があがります。体質によっては光脱毛でも十分効果がありますのでよく考えて選んでみてください。

 

無駄毛処理する場所によって両方試してみる事もできますよ。


女性の悩みムダ毛処理と脱毛の種類関連ページ

まずはダイエットで体型を整える
体型は見た目でも一番インパクトがあります。ポッコリお腹やたるんだ脂肪は綺麗な体系とは言えませんよね。さあダイエットがんばりましょ♪
スキンケアで美肌を目指す基礎知識
美肌を目指すにはとても大切なスキンケアですが、体質の個人差と年齢によって大きくケアする内容が変わってきます。自分にあったスキンケアをしっかりと見つけてくださいね。

 
綺麗を目指す方法 ボディケア コスメ 性格美人 美容アイテム 美容サプリメント